声を上げて 飛び上がるほどに嬉しい

FUJI X-T20とSONY RX100で切り取る日常の写真で作る、自分のための本棚か引き出しのようなBLOGです。

knog Oi を買ってみたら、やはり最高だった。

久々自転車ネタです。笑
 
今日は病院に行く以外になーんにもやることがないので、自転車のメンテナンスをしました。
 
メンテナンスが終わると、ホントに何もないので、ブログをたくさん書いておこうと思います。
 
愛車のTOKYOBIKEにはほぼ毎日乗っていますが、基本的には定期的にやるメンテナンスくらいで、特に書くことがありませんでした。。。
 
 
今回はコチラの商品を購入したので、少し書いておくことにしようと思います。
コレです。
贔屓のブランド【knog】から発売された、自転車のベルです!
 
さすが、デザインで毎回選んでしまうknogが満を持して出してきただけのことはあると思います。
 
 
 
これまでの自転車ベルの全歴史を覆すような斬新なデザインと気持ちのいい音。
いかにもベルつけてますよ!鳴らしますよ!みたいなベルが嫌いで、ついてても外したくなるくらいだったのですが。
 
大好きなknogから、そんな悩みを全部ぶち壊す最高にスタイリッシュなベルが発売されていました。
 
デザインを見て、音を聞いて、自分のTOKYOBIKEについているところを想像して、、、
 
買わないわけにはいきません。
 
僕のTOKYOBIKEには、ずっと馴染む黒を選択。
 
めっちゃ悩んだんですが、僕のTOKYOBIKEに使用する色は三色までがキレイかなと思い、邪魔にならない同系色をということにしています。
でも、実はまだ悩んでます。笑
つけるとこんな感じ。
やはり黒がいいと思います。
TOKYOBIKEのハンドルバーには、付属のスペーサーを入れてサイズを調整してあります。
 
kongのデザイン、やっぱり最高ですね。
ところで、なぜ急にベルが欲しくなったかという話ですが。。。
 
 
大阪で走るようになってから、歩行者の多さに不便を感じることが多く、ベルはずっと探していました。
そこに、「待たせたな」的な感じで現れてくれたのがknogのOiだったということですね。
 
外国からの観光客が日本で一番増えてる絶好調の大阪市内には、ホントに外国からのお客さんがいっぱい。
 
それも、ミナミの周辺にはアジア系の方が多く、ハッキリ言うと旅行者としてのマナーは全然だと思います。
 
ホントに自分たちの世界のことで頭がいっぱいで、4、5人で横並びになって歩くのも当たり前。スーツケースを持った人達が歩道を埋め尽くしてお迎えのバスを待っているなんてことも結構あります。
 
路側帯を走れないシチュエーションも結構あるので歩道で後ろから近付いたりしますが、気付く人なんてほとんどいないというのが現状だと思います。しかも、中国人かなと思っても日本人だったりすることもあるし。
 
そこで便利なのが、このベルです!
 
背後からチーーンと音がすると、おそらく世界中の人が背後を気にしてくれるのだと思います。
チンチーーンと二回鳴らすと、日本人なんていない気さえしてくる新今宮あたりの歩道にも通るスペースが出来てくれます。
 
キョロキョロしてて危なっかしい人や、親と手を繋いでない子供も時々いるので、事故の予防のためにも存在を知らせるようにしています。
ちなみに、チーーン、チンチーーンという風にベルの音を表現しましたが、knogのベルはホントにこういう音なんです。音にもこだわっているらしく、こちらも常識を壊すことを意識して作られたみたいですね。
 
これまでの、中にギアが入ってるようなチリンチリーンとかチロチロチロみたいな、自転車らしい音では全くないのです。
そのおかげで、時々スルーされることはありますが、これはご愛嬌ですかね。笑
ホントに気持ちのいい音をデザインされてるなと感心しています。チーーン
 
 
スポーツバイク人口はホントに増えてますが、事故も増えてるのが現状のよう。
いけるかな?が事故につながったりすることもあると思うので、人が多い場所を通らなければならないときは、安全のためにベルを使わせてもらおうと思います。
 
自分の身は自分で守る!
 
そのためのコレですね。
 
 
おすすめ!