声を上げて 飛び上がるほどに嬉しい

FUJI X-T20とSONY RX100で切り取る日常の写真で作る、自分のための本棚か引き出しのようなBLOGです。

大阪お散歩カメラ #2(HELIOS44-2)

ウクライナからやってきたオールドレンズ、HELIOS44-2。
 
 
まだまだ仲良くなるには程遠そうな雰囲気もありますが、だんだん分かってきたこともあります。
 
あんまり上手ではないですが、いつか振り返ってみるために少し書いておこうと思います。
a7Ⅱでのオールドレンズの扱い方は、フィルムカメラのF-1と同じように絞りとシャッタースピードを設定して撮影を行うだけなので割と違和感なく扱えています。
 
macのスクロールに慣れているためか、絞りなどのダイアルを触るときに必ず逆方向に動かしてしまいます。macをお使いの方なら分かってもらえるかも。。。
 
これからトレーニングして慣らしていかねばなりませんね。
 
便利だなと思うのが、ピント拡大機能。
 
カスタムボタンで押しやすいところのボタンに機能を配置しておけば、ファインダーを覗きながらピント面を拡大してピッタリのところにピントを持ってくることができます。
 
HELIOSで撮影するときは、きっちり合わせて撮影するように意識をしています。
それから、逆光にはかなり弱いみたい。。
 
結構分かりやすくフレア、ゴーストが出てきます。
逆に楽しくなるくらいです。笑
 
 
HELIOSといえばの、ぐるぐるボケも魅力の一つ。。。
 
 
荒削りなところも多いのかもしれませんが、本当に面白いレンズだなと思います。
 
これからもたくさん撮って、ヘリオスならではの写真を増やしていきますね。
 
最後に、安藤建築を撮った後に寄った住吉大社で撮った写真も。
 
 
それでは。。。