声を上げて 飛び上がるほどに嬉しい

FUJI X-T20とSONY RX100で切り取る日常の写真で作る、自分のための本棚か引き出しのようなBLOGです。

空港での過ごし方(成田空港編)③

成田三部作もいよいよ今回で完結。
なんの有益な情報もない、なんとも情けない失敗談でしたが、約2時間のなくてもよかった待ち時間を見事に過ごしました。
やることないので、搭乗口まで行っちゃえ。
ということで、保安検査所を通過。
もう後戻りはしません。
とかいいながら歩く歩く歩く。。。
意外に遠い。。。
172番ゲートは思っていたよりも少し遠くて、この距離を走ってゼエゼエいいながら飛行機に乗るのは恥ずかしいので、やはり余裕を持ってきててよかったな、と、少し前向きな気持ちになります。
搭乗口には座り心地の良い椅子もあるので、快適です。
照明も落ち着いているので、やることなかったらここでゆっくりするのもアリかな。
ぼちぼち人が集まり始めた頃に、空港のスタッフの方からアナウンスが。
持ち込みの手荷物のサイズと重量のチェックをしてステッカーを貼られた物だけが持込み可となるようです。
持ち込み手荷物のチェックを受けるのは初めてでしたが、ルールは7キロ以下。
あの人のカバン大っきいな、という感じの人たちが次々にはじかれ、追加料金を取られているようでした。
むごい。。。(まあルールですから仕方ないか)
なんてことを思いながら、のんびり飛行機に向かいます。
飛行機に乗るのは、最後から二人目だったんですが、後ろから搭乗口にいたスタッフの人も付いてきていて、何やらCAさんに「追加の荷物が、、、数え直していて、、、少し遅れます、、、」的なことを伝えていました。
さっきの荷物が増えた関係で何かやることが増えたんだな、くらいに軽く考えていて読書スイッチオン。
本の世界に入り込みます。。。
。。。
。。。
あれ。。。
。。。
飛行機動いてない。。。
20分くらい経っていました。
この後、さらに10分ほど待って、ようやく飛行機が動き出しました。
こういうことってあるんですね。
いろんな原因で遅れることはあるみたいですが、自分の力では何ともできないことも多いし。
自分のせいで飛行機遅れちゃうと困るので、ルールを守るっていうのは当たり前のことで、当たり前に大切みたいですね。
それにしても成田に3時間半もいた。。。
待つのも旅かな。。。